ふとした時に、検索で引っかかったエムシーアンドピー。これも何かの機会と、まとめを作成することに。どうやらマーケティングなどを行っている会社。「情報に力を与える仕事」らしい。なんか、ネットっぽい!

美大・芸大生の就職活動を支援しているというのは、ここまでの説明で分かったはず。
実は、『就活応援サイト』なるものも運営しているらしい!
とっておきの求人情報などを紹介してくれるサイトのようなので、
これは就活中の学生にはありがたいのではないでしょうか?

そんな求人を出している企業名や
実際にこのサイトを使用して就職した先輩の言葉をまとめました!


≫≫求人を出してる企業はこっちから


就活支援サービスを利用して就職した先輩

チョコレート菓子メーカーのデザイン室立ち上げメンバーとして就職

T.Kさん(美術研究家 ビジュアルデザイン専攻)
■支援サービスを利用するまでの就活方法は?
複数の求人情報サイトや大学の就職課に掲示されている求人情報を見て、
希望の業種や職種があればエントリーして選考を受けるという一般的な活動方法でした。

■サービスに出会ったきっかけ
ゼミ担当の教授にMC&Pが美大・芸大生専門の就活支援サービスを行っていることを教えていただき紹介してもらいました。

■利用したメリット
自分自身の強みや弱み、アピールポイントなどを具体的に一言で言えるまで面談をし続けてくれたことです。
それまでも就活は行っていましたが、面接で自分のことを上手く伝えられない状況が続いていました。
悩んでいた時に親身になって一緒に考えてくれたりアドバイスをいただいたことが印象に残っています。
一番のメリットと聞かれると、求人企業担当者の存在です。
企業への応募から内定に至るまで(また、内定後も)企業との懸け橋になっていただき、落ち着いて、自信を持って就活できました。

■後輩に向けてメッセージ
自分自身が「どういった仕事(職種)に就きたいのか」、「どういった仕事(職種)をしたいのか」を具体的になるまでよく考えて、
その想いを強く持って活動することが大切だと思います。

H.Yさん(芸術学部 デザイン学科 グラフィクデザインコース)
■支援サービスを利用するまでの就活方法は?
主に就活サイトを利用していました。その他には、大学の就職課から個別で求人を紹介していただくという形で就活を行っていました。

■サービスに出会ったきっかけ
履修しているゼミの時間にMC&Pによる就職説明会をしていただいたのがきっかけです。

■利用したメリット
企業に応募するまでの準備事項や選考中に、担当の方から頻繁にメールやお電話をいただいたことです。
いつもこちらの状況を気遣ってくださり、また、選考のポイントなどのアドバイスも沢山いただいたのでとても心強かったです。
特に、選考のポイントを教えていただいたことは、他社の選考ではまったく触れられなかったことなので、具体的な対策が出来て本当に助かりました。

■後輩に向けてメッセージ
就職活動を始めたころは右も左もわからない状況で説明会に向かい、周りが次々と内定を獲得していく中で焦りを感じていました。
しかし、今思うとその経験は決して無駄ではなかったように思います。
自信をなくすようなこともたくさんありましたが、それを乗り越えようとして制作した作品や取り組んだ姿勢は、必ず評価されます。
常にポジティブに粘り強く頑張ってください。

印刷会社のクリエイティブ部門に就職

K.Aさん(美術研究家 ビジュアルデザイン専攻)
■支援サービスを利用するまでの就活方法は?
従来の求人情報サイトで求人企業を探して応募したり、大学の就職課で情報を収集、就職課に寄せられている企業に応募するといった就活です。

■サービスに出会ったきっかけ
ビジュアルデザイン研究室で私を担当していただいている教授からMC&Pの美大・芸大生就活支援サービスの話を聞き、紹介していただきました。

■利用したメリット
就職するにあたっての考え方や就職活動の仕方、希望している企業の探し方など、密なコミュニケーションを図れたことです。
答えを示されるのではなく、自ら考えて行動できるように誘導していただけたことが一番のメリットだと思います。
また、実際に応募した企業の選考中には、メールや電話で連絡をいただき、心構えや選考におけるポイントなど、
事細かに且つ的確にアドバイスいただけたことは、就活生としてとてもありがたいと感じました。

■後輩に向けてメッセージ
自分自身の将来を決める就活は時間もかかりますしその分苦労も沢山あります。でもそれは当たり前ですし、その経験が自分の成長へと繋がります。
たくさんの企業を受ける必要はないです。要はどれだけ「考えているか?!」だと思います。 常に目標を持って、納得のいく就職先を見つけてください。

アパレルメーカーの企画営業職として就職

I.E(先端芸術学部 造形表現学科)
■支援サービスを利用するまでの就活方法は?
就職活動と言えるような動きはほとんど出来ておりませんでした。1、2社程度の説明会や選考に進んだ程度です。

■サービスに出会ったきっかけ
大学の就職課に就職相談に行った際、MC&Pが美大・芸大生を専門とした就活支援サービスをやっていることを教えていただき、紹介してもらいました。

■利用したメリット
正直なにもかもです。先にも述べましたように、これまでほとんど就職活動を行っておりませんでしたので、そもそもの基本的なところからサポートを受けました。
自己分析やそれに対する企業や職業の選び方などです。
今回就職が決まった企業においても、担当してくれた方が、ことあるごとに対面で面談をしてくれたことが印象に残っています。
就職先が決まったことは嬉しいことですが、それよりも自分自身がワンランク成長したと実感できたのがMC&Pを利用した大きなメリットです。

■後輩に向けてメッセージ
最初はわからなくて当たり前。何事も考えぬくことが大事ですが、考えすぎて行動できなくなるのはダメです。
考えながら行動して答えを出していく。どちらが欠けても夢は実現できないので、バランス感覚を持って就活に励んでください。

化粧品関連メーカーのプロダクトデザイナーとして就職

Y.T(美術学部 デザイン科 ビジュアルデザイン専攻)
■支援サービスを利用するまでの就活方法は?
大学の就職課を介して企業の採用試験を受けたり、一般の求人情報サイトを検索して求人企業に応募していました。

■サービスに出会ったきっかけ
ゼミの担当教授に就職の相談を行った際、MC&Pが美大・芸大生就活支援サービスを手掛けているのを聞き、紹介してもらいました。

■利用したメリット
これまでに受けていた各社と比較して、応募する企業や採用に関する情報量が豊富でした。
自分自身が本当にやりたいことを実現する上で知りたい情報や企業の本音を知ることができたのは、就活を行う上でとても役に立ったと思っています。
応募書類のレビューや面接時における事前対策も丁寧に行っていただき、実際の選考でも落ち着いて臨むことができました。

■後輩に向けてメッセージ
就活は自分自身の将来を真剣に考える大事な時期です。 大学生活で学んだことや取り組んできたことを社会に出てから活かすためには、
何が必要なのかを考えて、それが実現できるフィールドがどこにあるのか探しあててください。
不安もいっぱい出てくるとは思いますが、それよりも自信を持つことが大事です!
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます