ふとした時に、検索で引っかかったエムシーアンドピー。これも何かの機会と、まとめを作成することに。どうやらマーケティングなどを行っている会社。「情報に力を与える仕事」らしい。なんか、ネットっぽい!

エムシーアンドピー(MC&P)が運営するMBO(目的管理)実施支援センターにはいくつもの支援メニューがある。
1つにまとめると見にくいので、支援メニューごとに分けることにしました!
というわけで、このページでは『コンサルティング』についてまとめます♪

この研修の目的は、“社内の知識を集める”ことらしい!


コンサルティング(社内の知識を集める)

組織改革コンサルティング

[特徴]
1.組織が抱える問題点を整理し、真の問題を明らかにして対策を打ちます。
2.社内のプロジェクトをおつくり頂き、プロジェクトメンバーの問題意識を深めながら、真の問題を明らかにします。
3.プロジェクト活動を通じて、組織変革の担い手を育成します。
4.企業様のニーズに応じて、コンサルティングのステップを設計します。
5.コンサルタントの基本的役割は、社内プロジェクトの触媒役ですが、一定の方向を打ち出した上での触媒役となります。

経営理念構築・浸透コンサルティング

[特徴]
1.経営理念の確立からそれを浸透させる実務手順までを総合的にアドバイスします。
2.企業の歴史や事業特性を基軸とし、幹部社員とのプロジェクト活動によって理念を確立します。
3.経営理念の確立過程を通じて、幹部社員の間で経営理念を共有します。
4.既存の社内コミュニケーション手段を用いて組織内マーケティングの手法を用いて理念の浸透を図ります。
5.コンサルタントの基本的役割は、社内プロジェクトの触媒役ですが、一定の方向を打ち出した上での触媒役となります。

人事制度改革コンサルティング

[特徴]
1.組織力(生産性向上と能力開発)を強める人事制度を構築します。
2.個別の企業の事業特性に応じた統合的な人事制度を構築します。
3.格付制度、賃金制度、昇進管理、能力開発、福利厚生を組み合わせて、組織の安定と変革の促進をバランスさせます。
4.経営を方向づける手段として人事評価制度を位置づけます。
5.制度構築のプロジェクトを通じて、管理者に人事制度の運用力を身につけさせます。
6.コンサルタントの基本的役割は、社内プロジェクトの触媒役ですが、一定の方向を打ち出した上での触媒役となります。

自律型人材育成コンサルティング

[特徴]
1.企業の変革を担う、人材の層をつくりだし、そのインフォーマルなネットワークを構築します。
2.企業内の影響力がもっとも強い層に焦点を当て、その層に対して教育研修を集中します。
3.社内プロジェクトの討議を通じて、OJTと連動した研修体系を構築します。
4.コンサルタントの基本的役割は、プロジェクトの触媒役ですが、能力開発に関するノウハウの提供も行います。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます